笑顔の老夫婦

作成する

マウスピースを作成する

マウスピースによるいびきの治療は、体に負担をかけることなくおこなうことができて高い効果が期待できます。通常時ならば自然と閉じ気味になってしまう気道をマウスピースを装着することによって確保していびきを抑える働きがあります。 多くは歯科医師が患者の噛み合わせなどを診断し、歯型をとって歯科技工士がマウスピースを作成します。口の中に装着するものだからこそ専門家が関わってより不具合のないように治療するのです。 一見いびきと歯科は関係がなさそうですが、マウスピースを装着するに当たり虫歯などがあるとできなくなってしまうので口の中の健康を保つ必要があります。そこでまずは歯の状態を診断してからいびきの治療を始めることがほとんどです。

いびき治療のための商品とは

いびきの治療に使われるマウスピースには主に2種類あります。まずは従来から多く使用されている上下がきっちり繋がっているタイプで、こちらは装着すると会話ができないために就寝直前に装着する必要があります。 次にいびき治療のために新しく誕生したのが上下分離式のマウスピースです。こちらは装着中でも会話や飲み物を飲むことなど行動が制限されないので非常にストレスがたまりにくく快適に過ごせますし更に違和感も少ないのでいびきの治療を長く続けることができます。 どちらも装着することによって噛み合わせが矯正されるのと同時に空気の通り道をしっかりつくるので睡眠時に苦しくなったりいびきをかくのを抑えることができ、効果は90パーセントにもなります。