笑顔の老夫婦

健康を考える

歯の健康について考えていますか

定期的に歯科健診を受けている人はどれくらいいるでしょうか。 普段、健康診断を進んで受けている人でも、歯科検診となると意外と無関心ということもあります。 自分の体の不調で病気になることを心配する人はとても多いのですが、歯の健康となると「命にかかわることではないから。」と誤解している人も多いようです。 海外では、歯の健康については定期健診を受けることが当然であり、歯の健康を維持できない人は、自己管理能力がとても低い人と位置づけられてしまうほど重要視されているのです。 最近は日本でも少しずつ、歯科定期健診を受けることが広まりつつあります。それぞれの歯科医院も、患者宅に定期健診の案内を郵送し呼びかけを行っているのです。

歯科医院の存在も変わりつつあります

以前は歯科医院自体も、「歯科医院は歯の治療をするところ。」と位置づけをしていましたが、最近はむし歯や歯周病などの口腔内トラブルを未然に防ごうとしている歯科医院が増えています。 また、昔のように簡単に抜歯をしてしまうのではなく、できるだけ自分の歯を残そうと治療を行うところが増えてきました。 ですから、歯科医院は治療をする怖いところではなく、むし歯や歯周病にならないように手助けをする存在に変わりつつあります。 定期健診を受けるメリットは、むし歯や歯周病の早期発見ということもあるのですが、定期健診を行うことによって患者の意識が変わるところにあります。 歯を大事にしようと思う気持ちが生まれ、念入りに歯を磨くようになるようです。